医療事務の基礎知識

医療事務の資格取得する前に!

 

医療事務の基礎知識記事一覧

医療事務とは

医療事務というと、病院の受付で、初診や再診の手続きをしたり、診察後の会計をしたりする仕事だな・・・と思われる方が多いと思います。実際は、受付や電話応対、会計の他にもたくさんの仕事があります。>また、医療事務職の求人は病院だけではありません。歯科医院、調剤薬局でも求人があります。医療事務の仕事内容は、...

≫続きを読む

 

病院の領収書を見てみよう

病院や診療所、調剤薬局等の医療機関で受け取る領収書をじっくり見たことはありますか?昔、医療機関で受け取る領収書は、患者負担額が書いてあるだけの簡単なレシートのようなものでした。最近は、診療行為別に点数が書かれた領収書に加えて、さらに、診療行為について詳しく書かれた診療明細書をもらうようになり、後で領...

≫続きを読む

 

医療事務といえばレセプト業務

医療事務が他の一般事務と違って、専門的知識を求められるのは、「医療事務とは」のところで説明した「レセプト業務」があるからです。レセプトを作成するには、豊富な知識が必要です。例えば、診療費には、患者負担、保険者負担、国などの自治体が負担するものがあり、どこに何割請求すればよいのかは、患者さんが持参する...

≫続きを読む

 

レセプトは全国共通です

レセプトの様式は全国共通、どの診療でも同じです。レセプトコンピューター(通称レセコン)の種類により、多少細かい違いはあるかもしれませんが、ほぼ同じです。また、レセプト作成に必要な診療報酬の点数も全国共通です。ただし、点数の改正など、毎年細かい改正があるので、常に新しい情報に注意しておく必要があります...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
サーバー