医療事務とは

医療事務の資格取得する前に!

 

医療事務とは

MP900409503.JPG

医療事務というと、病院の受付で、初診や再診の手続きをしたり、診察後の会計をしたりする仕事だな・・・と思われる方が多いと思います。
実際は、受付や電話応対、会計の他にもたくさんの仕事があります。
>
また、医療事務職の求人は病院だけではありません。歯科医院、調剤薬局でも求人があります。

医療事務の仕事内容は、働く場所によって多少違ってきますが、主に「患者サービス業務」「レセプト業務」の二つに分けられます。

1.患者サービス業務

まず、病院等の受付で、来院した患者さんが診察を受けるための手続きをおこないます。
この時、患者さんの保険証の種類や生年月日を確認し、保険証情報をカルテに記入(電子カルテの場合はパソコンで入力)する作業は重要です。保険証の種類や年齢によって、窓口で患者さんが負担する医療費が変わってくるからです。
また、生活保護を受けている方、障害者手帳を持っている方も、窓口での支払額が変わってきますので、福祉の分野の知識も必要です。

患者さんが診察を終えると、医師の記載した診察内容やその他の伝票をもとに、診療費を計算し、患者さんの窓口での負担額を算出し、会計をします。

入院施設のある医療機関では、入退院や転院の受付、手続きもします。

2.レセプト業務

私たちが医療機関の窓口で支払う額は、診療費の一部です。その負担率は、年齢などで異なりますが普通3割となっています。残り7割の診療費を、患者さんが加入している健康保険の保険者※に請求するために、「診療報酬明細書」を月単位で作成し、提出します。この「診療報酬明細書」を通常「レセプト」といい、この業務が医療事務の重要な仕事になります。
レセプトを受け取った保険者は、診療内容を審査し、問題なければ、医療機関に診療報酬を支払うという仕組みになっているのです。

※健康保険事業を運営するために、加入者から保険料を徴収したり、医療機関に対して、診療報酬を支払う団体を「保険者」といいます。
保険者には、「全国健康保険協会(協会けんぽ)」「健康保険組合」「国民健康保険組合」があります。

上記1,2の他に、医療秘書業務も、医療事務の仕事の範疇に入るといえます。病棟クラーク(病棟の各部署で伝票の処理、手続きをおこなう人)、医局秘書、院長秘書、看護師長秘書など、担当部署により、仕事内容は様々です。秘書的な仕事が多いので、レセプト作成の知識はさほど必要とされませんが、ある程度の医療知識は必要です。

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
サーバー