働く場所は病院だけじゃない

医療事務の資格取得する前に!

 

働く場所は病院だけじゃない

医療事務の求人は病院だけではありません。

ちなみに医療法では、病床数が20床以上の医療機関を「病院」といい、19床以下は「診療所」といいます。

病院、診療所以外にも、歯科医院、調剤薬局で求人があります。


医療事務の資格試験の中には、医科と歯科のどちらかを選択して受験するものがあります。
病院、診療所で働く場合は医科歯科医院で働く場合は歯科の学習をします。

調剤薬局で働く場合は、病院や歯科医院で働く場合よりも、より豊富な医薬品の知識が必要になります。


従来、日本では「院内処方」がほとんどでした。診察を終えると、病院内で薬を受け取るのが一般的でした。しかし、現在では、「院外処方」が主流になりつつあります。診察を終えた患者さんは、医師から処方箋を受け取り、それを調剤薬局へ持参し、薬を出してもらいます。

病院・診療所、歯科医院同様、調剤薬局でもレセプトを作成しますので、医療事務職員を必要としています。。

医薬品の知識、調剤報酬明細書(レセプト)作成業務の能力を問う試験として代表的なものに、「調剤報酬請求事務技能認定試験」「調剤事務管理士技能認定試験」があります。

病院・診療所で働きたいのか、歯科医院で働きたいのか、調剤薬局で働きたいのか、働く場所によって、受験する資格試験を選択する必要があります。

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
サーバー