レセプト業務の流れ

医療事務の資格取得する前に!

 

レセプト業務の流れ

医療事務=レセプト業務(診療報酬請求業務)と言われるくらい、レセプト業務の知識を身につけることが大事だと述べてきました。

現在ほとんどの医療機関では、レセプトコンピューター(通称レセコン)を使ってレセプトを作成しています。
多数のメーカーのレセコンがあり、それぞれ操作が異なるので、レセコンのメーカーを変えたりすると、慣れるまで時間がかかることもあるようです。


大きい医療機関ほど、コンピュータ化が進んでいるので、パソコン入力に慣れておくことは必須です。

レセプトの提出期限は、患者さんが診療を受けた月の翌月10日までになっています。そのため、レセプト業務は、月末から月初にかけてが非常に忙しく、時間外勤務も多くなります。


レセプトの作成は、患者さんが来院した時から始まっています。

1.患者データ入力
患者さんの保険証を確認し、氏名、生年月日、保険の種類、保険者番号、被保険者本人なのか、その家族なのか等を入力します。

2.診療報酬点数の入力
カルテを見て、おこなわれた医療行為の点数を入力。調剤薬局では、医師の処方箋を見て、薬価点数を入力します。

3.会計
患者さん負担分をレセコンが算出してくれるので、その額を請求。

ここまでが日々の仕事。
この後は、レセプトを作成するために、月末から月初にかけて月に1度おこなう作業になります。

4.レセプトの出力、チェック
患者さんの1カ月分の診療内容が記載されたレセプトを、入院用と入院以外とに分けて出力し、内容に誤りがないかチェック。
レセプトの内容に不備があったり、過誤請求があったりすると、保険者から診療報酬を受け取れないケースや、減額されるケースもあるので、この点検作業は重要です。1か月に診察した患者さんすべてのレセプトをチェックしなくてはいけないわけですから、多くの時間がかかります。

5.診療報酬請求書の作成
レセプトのチェックがすべて終了したら、「診療報酬請求書」を作成します。診療報酬請求書とはその月のレセプトをすべて集計して1枚にまとめたものです。

レセプト提出先の審査支払機関は、社会保険診療報酬支払基金(支払基金)と国民健康保険団体連合会(国保連合会)の2つがあります。
それぞれの団体が決めている綴じ方に従ってレセプトを整理し、表紙に診療報酬請求書をつけて提出します。

スポンサード リンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
サーバー