男性の医療事務職員はいるの?

医療事務の資格取得する前に!

 

男性の医療事務職員はいるの?

医療事務職員には女性が圧倒的に多いのは事実です。
特に、小さな病院や診療所では男性の医療事務職員はほとんどいないといった状況です。

女性が病院の受付に多いのは、男性にはなかなか言いづらい症状や事情をお持ちの患者さんへの配慮があるからです。特に女性は、体のことを男性に話すのは抵抗があります。
また、医療事務職員の給料はそんなに高くないので、パートやアルバイトの女性でまかなう医療機関が多いです。
男性の正職員に高い給与を払うとなると、コストが見合わないという問題があるようです。

ただし、男性の医療事務職員が全くいないというわけではありません。

総合病院など、大規模の医療機関には男性の医療事務職員がいます。
また、大きな救急病院の受付にも男性の医療事務職員がいるようです。
夜間の受付には防犯上、男性がいた方が良いということでしょう。

また、男性の医療事務職員は、管理職候補として採用される場合もあります。
どこの企業もそうですが、はじめは受付や病棟などの現場を体験し、その後、管理職に就くというケースが多いです。

女性が圧倒的に多い職場だけに、男性には期待も大きく、医療事務だけしていればいいというわけにはいかないようです。
夜間受付、力仕事、運転手、会議資料作成や患者データの分析・整理等。
管理職になれば、病院経営分析、医師・看護師・事務職員の間の仲介役、地元医師会との渉外、患者クレーム対応、導入する医療器具の選択など。
医療事務の知識だけでなく、経営の知識なども必要になってくるでしょう。

医療事務の資格の他に、診療データ等を管理、分析する仕事に従事するための資格(診療情報管理士)も取得すると、職場で重宝されるでしょう。

スポンサード リンク

関連ページ

おすすめの本

ホーム RSS購読 サイトマップ
サーバー